痩身エステ 東京

東京の痩身エステおすすめランキング

デブと痩せているの境界線

突然ですが、私は結構太っています。
どのくらいかと聞かれると、本当に答えたくはないのですが、過去最大の体重となっています。
だから、どのくらいなんだよ!とそれでも聞いてくる人が多いでしょうから軽く答えますと、身長が150cmちょい、体重が65キロを少し上回るくらいといったところです。
どうですか?
決して痩せているとは言えませんよね。
私も、これでも毎日それなりに体を動かす努力はしていますが、体重計に乗るたびに絶句。
正直、もう痩せないのではないかと思っているくらいです。

 

さて、そんなデブちんな私ですが、20代のころはそれこそ本当に理想的な体重だったのですよ!
当時の体重は42キロ!どうですか?風邪も引きにくく、体も軽いため走るのも苦ではありませんし、よく体を動かしていました。
駅から毎日1時間かけて歩いて帰っていた日々が懐かしい。

 

 

ところで、デブと痩せているのの境界線っていったいどこなのでしょうね。
よくBMIが〜と耳にしますが、これだけではありませんよね。
だって、骨格や筋肉量など体型は人によって本当に様々。
決して「20代前半の女性でこの身長ならこの体重がベストです!」なんて言いきることは難しいはずです。
しかも、健康的な体重と、見た目、さらに理想的な体重は全て異なってきます。
そうなるといったい何が正しいのかよくわからなくなりますが、私は、健康的な体重を維持していくのがベストなのではないかと思います。
あと、運動を長年続けていると、どうしても部分的に筋肉がついて太くなってしまうこともあります。
でも、それは決してデブのうちには入らない位置付けだと思いますがいかがでしょうか。

 

自分のベスト体重になると、日々行う全てのことが何でもやりやすくなり、また風邪を引きにくくなったりと、全てにおいて生活のリズムが安定してきますので、デブ(ぽっちゃり含む)と痩せているとの境界線はそこではないかという個人的な結論に至りました。
痩せているのも、なんだか気だるかったり、風邪を引きやすかったり、眩暈がしたりとあまりよいことがありません。
私は41キロ以下だとダメでした。
私の場合は、42〜3キロがベスト体重、痩せているのは41キロ以下、デブちんとなるのは、53キロ以上といったところだと自分の体で実感しています。
皆さんも自分のベスト体重を知っておくことをおすすめします。

自力で痩せる努力

前項の記事を読んでくださった方、ありがとうございます。
しかし、中には「本当にデブだな〜」と思った人もいることでしょう。
こうして、自分で文章にしていると悲しくなってきますが、ただただ愚痴を言いたくてこの記事を書いている訳ではありません。
私も、実は痩せるための努力をそれなりには行ってきたのです。
それを皆さんにお伝えしながら、今行っているダイエットにさらに力を入れて取り組みたいなと思っているというわけなのです。
「それだけ太ってて、いったいどんな甘ちゃん努力をしてきたの?」と思われても仕方がないのですが、意外と色々やってきてるので、ちょっとご紹介させてください。

 

 

  • 食事制限
  • これは、断食とかではなく、朝と昼はしっかり食べて夜は軽めの食事にするという方法です。
    今また再開し始めたのですが、夜は炭水化物は食べません。お肉やお魚を多少食べますが、あとは温野菜や野菜スープなど、野菜三昧です。
    まえにこの生活を送っていて、1年で10キロ落としましたので、再度チャレンジしているところです。

 

  • 軽めの運動〜ハードな運動
  • 20代の若かりし頃は、ハードな運動もある程度はできたのですが、今急にやったら膝など、どこかしらを痛めてしまうのでまずはウォーキングとお風呂での腹筋を行っています。
    最近はさらに、行きつけの整体の先生からゆっくりでよいから、スクワッとを2〜3回、気付いた時に行うとよいと聞いたので、これも実践しています。
    また、ぽっこりお腹が気になると言ったら、複式呼吸を意識して行うだけで解消されると教えてもらったので、こちらも実践していますが、なかなか難しいのですよね。
    正しい姿勢、正しい呼吸、これ本当に結構大変です。

 

 

  • ダンス
  • これも運動に入りますが、家でダンササイズなるものをしていたことがあります。
    体重は3キロほど落ち、見た目も引き締まったと職場の人たちに言われましたが、最近時間が取れずできていません。
    これ、真剣にやるとかなり汗をかいてよい運動になるものなのです。

 

  • .細かいことでもとにかく動く
  • 気が付くと、「それとって〜。」とか、「あれ持ってきて〜。」とか言っている自分がいたので、これはいけない!と思い、「あれ…」と言いかけて自分で取りに行くよう癖付けました。
    小まめに動かないとやっぱりだめだと思います。

 

  • お菓子は買わない、できる限り食べない
  • もともとお菓子はあまり食べないのですが、あると食べてしまいます。
    だから、買わないようにしました。
    すると、食べなくても平気なのです。
    お菓子を食べても、体にとっては何もよいことはないのではないかと思っています。
    しいて言うなら、ストレス発散くらいでしょうか。
    ただ、栄養としては…どちらかというと、体に良くないものが多く入っているので、食べない方がよいですね。
    たま〜に、どうしても我慢できないときに、ケーキを半分とか、ご褒美にアイス1個とかならよいのかなとは思いますが。

 

 

まだまだ書きだせば細かく出てくるのですが、とりあえず、自分でできる痩せるための努力は一通りしてきたつもりでいます。
そして、結果も出してきたと思っています。
すぐには出ないのはもうわかっているので、目標体重まずは55キロに向けて頑張っていきたいと思います。

痩身エステとはなんだろうか

エステと聞くと、どんなイメージがありますか?
それこそ、10年位前までは結構詐欺っぽいところもありましたが、今はどこも様々なテクニックを駆使して私たちお客にどうにか結果を出してくれるところが多くなったように感じます。
もちろん、今でも聞いたこともないような怪しいサロンのチラシをみかけることもありますが…。

 

さて、エステですが、結婚式を挙げる前に通う方も多くいらっしゃいますよね。
また、アロマオイルを使用して血流をよくしてくれるようなアロマエステもあります。
アロマエステは個人でやっている人も結構いますし、そんなに高額ではありませんので、誰でも気軽に通うことができるのかな?と思います。

 

ところで、エステに通う一番の目的といえば「痩せること」と答える人が過半数を占めているのでしょうが、痩身エステはそれこそ金額が高いイメージがあります。
皆さんは通ったことがありますか?
本気で痩せるためには、エステに通って専用の機械や手でセルライトをほぐしたり、むくみを解消したりしますが、これかなり痛いので、私は苦手です。
しかし、セルライトをなくすためには、やはり自分の力では限界があり、最近やっぱりエステに行くしかないか…と悩んでいる日々なのです。
これまでにもお伝えしましたが、ダイエットは自分の強い意志が必要になります。
食生活の改善から、適度な運動はエステに通ったとしても続ける必要はあると思っていた方がよいでしょう。

 

 

痩身エステはいったいどんなところかと言いますと、痩身マシンやハンドマッサージで施術を行い、外側からアプローチをかけてくれます。
さらに、食生活や運動、生活習慣に関してもアドバイスをしてもらえる場所が多いのです。
サロンによって、マシンややり方が若干が異なってきますが、結果を出しているところも多い分、やはり継続していくとなるとそれなりに金額の方も高くなります。
ただし、初回のみでしたら数万円の施術を数千円〜で受けられるところが多く、自分に合うかどうか、試しに行ってみる価値はありそうです。
短期間で効果を出すとなると、月に何回も通って週十万円必要なところが多く、なかなか思いきりが必要ですが、本当にキレイに痩せることができるのであれば、こういった痩身エステに一部頼るのもありだと思います。

脂肪冷却という選択肢

痩身エステの話をしましたが、実は最近は面白い痩身術があると小耳に挟んだのでお伝えします。
その名も「脂肪冷却」。
脂肪細胞冷やして、本来体がもっているそれぞれの代謝力で脂肪を自然に体外へ排出させるという方法なのだそうです。
脂肪は約4度で凍るらしいですよ。皆さんご存知でしたか?
イマイチ、ピンと来ない方も多いと思いますが、要するに脂肪を冷やすことで死滅させ、それを老廃物として体外に排出させるというものなのです。

 

 

なるほど。
無理やり排出させるのではなく、要らないものを外に出すための施術を行って、あとは自然に体外へというものなので、体への負担は少なそうな気がします。
ただし、外へ出すために要する期間は3か月くらいかかる場合もあるそうで、急いで痩せたい!という人には向かなそうです。
そういった方は高いお金を払ってでも痩身エステに通った方がよいでしょう。
でも、すぐに痩せることは、体に負担がかかりますのでご注意を。
また、その分リバウンドする可能性も高くなってきますので、無理のない範囲でゆっくりと体重を落としていった方がよいでしょう。
そうなると、脂肪冷却という選択肢もあるということを覚えておいてください。
脂肪冷却はまだ一部のサロンでしかできないようで、東京にお住まいの方でしたら東京で脂肪冷却できるサロンの中から通えそうなところを探してみてくださいね。

 

ただし、脂肪冷却はその部分の脂肪をなくしていくようなイメージですので、どちらかというと部分的なダイエットを行いたい方に向いているようです。
メスを入れて施術を行う訳ではありませんので、体への負担はそんなに大きくはなさそう。
しかし、全身痩せたい!細くなりたい!という人には不向きかもしれませんね。
なぜなら、脂肪冷却はお腹や二の腕、太ももなどを施術することはできますが、あごなどの顔に近くなると施術できませんので、脂肪冷却で痩せる!と決意しても痩せられない箇所もあることを頭の片隅い入れておいてくださいね。
さらに大きく体重を落としたいという人にもあまり向かないかもしれない様子。
どちらかというと、見た目をすっきりさせたい人向きの施術のようです。
しかし、セルライトにも効果があると聞いたので、脂肪冷却は試す価値ありそうな予感がしています。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ